> 光脱毛保湿の重要性とは
脱毛Vライン

光脱毛保湿の重要性とは

光脱毛は、脱毛サロンや家庭用脱毛器で採用されている脱毛方法の一つです。
肌には直接触れることなく、脱毛器からムダ毛の原因である
毛根の色素に反応する光を照射することにより、
肌にダメージを極力与えずにムダ毛を処理することができます。

光脱毛は強引に引っ張るタイプの脱毛方法とは違いますので、
施術直後は特に見た目に変化はありませんが、
数日経つと何もしなくても毛根からムダ毛が抜けていき、ツルツルの肌になります。
脱毛サロンのハイジニーナ脱毛などだとこういったつるつる美容系のうたい文句を
書いているところも多いですね。

短時間に広範囲の処理ができますし、傷みや肌トラブルも少なく
人気の高い脱毛方法ですが、施術後には十分な保湿が必要になります。

熱を帯びやすい施術箇所

光脱毛では、ムダ毛に光のエネルギーを集中させることにより、
ムダ毛が加熱されます。そのため、肌には直接の影響がありませんが、
ムダ毛から発する熱が毛穴や肌周辺にも広がっていきますので、
施術箇所はどうしてもやけどのように熱を帯びた状態になります。

このときには水分もどんどん蒸発して行き、肌が本来持っているバリア機能が失われがちですので、
光脱毛後は普段以上にクールダウンと保湿を丁寧に行う必要があるというわけです。

通常のスキンケアローションや乳液でもOK

脱毛専用のローションなどもありますが、特にしみなければ、
普段スキンケアとして使っているローションや乳液でも問題ありません。

普段スキンケアをする入浴の後や寝る前だけでなく、
肌が乾いていると感じたらこまめに潤いを補給することが、
脱毛後の肌をすべすべの状態にするための重要なポイントです。

MAIN CATEGORY